×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リウマチ 治験

リウマチの薬と治験の重要性

リウマチの原因は、ストレスによって発症する、遺伝的な環境によって、または気圧の関係もあるなどといわれていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

関節リウマチの早期症状がでて、病院に受診しても、診断がとても難しい病気であるために、様々な検査をうけて、リウマチかどうかを判断していきます。

また治療は薬を飲むという治療になりますが、治療しても完治するのは難しい病気とも言われています。このようにリウマチとは、病気のすべてがまだ明らかにされてない病気なので、これからも病気の解明が大切になってきます。

病気の治療法や薬の開発にあたっては、治験というのが重要になってきます。

治験とは、新しい薬を開発するために、薬が病気にたいして効き目があるのか?副作用はどうなのか?など科学的なデータをとるものです。

患者さんの協力が必要になってきます。ちょっと怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろん協力してくれる患者さんを第一に考えています。

どこの病院でもやるわけではありません、その病気の専門医のもとで判断して行うものですから、途中で試験を中断したり、医師のほうから、別の薬に変えるという指示がある場合もあります。治験はより効果のある、副作用のない薬を作るためには大切な過程です。

リウマチの治験のプロセス

実際に治験はどうやって行われるのかを説明していきます。まずは主治医のほうから「治験に参加してみませんか?」と話がきます。もちろんここで参加する意思がない場合は断ってもいいのです。

参加する意思がある場合は、確認されて書類にサインをします。もちろんサインをした後でも、自分の都合で中断することができます。

治験の詳しい説明もしてくれるので、不安がある場合はやめたほうがいいでしょう。治験の検査や診療代にかかるお金は治験をする、製薬会社が負担します。協力費という名目で謝礼が出る場合もあるそうです。

治験は患者さんの協力のもとに行われるので、患者さんの体や考え方を第一に考えています。リウマチのような原因不明の病気は、今後の治療のためにも治験がとても大切だと思います。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?